あたしはあたし、人様は人様っていつも思わないといけない

ちょっとくらい事を、食生活をとりながら、思い出していました。
よく不純物を言われたっけについてですけれどね。
どれにしても、厳しい人が多い現実で、よく誹謗を言われたっけなあと思い返していました。
その人たちとの社交がなくなればいいなは思っているのですが、その人たちがいる以上、わたしって貫くのだろうなと思っています。
暗くなっていましたが、わたしは自分でやっていこうと思い、それで頑張ろうとしてある。
最初は笑顔で来てくれたのですが、段々誹謗が多くなり、笑顔でいじめられたような記憶があります。
これはきつかったけれど、わたしは応戦出来ない人材だったので、今は忘れようとしてある。
時たま、取り違えることがあるのですよね。
この人につき、とそうではないのですよね。この人のおかげで、わたしはこう見れるのだと思ったほうがピンポンだと思うんです。
わたしはわたし、他人は他人、合計みたいとしてある。
他に何も待ち焦がれるものなんてないか。