お父さんの病状もあってか、説教になりかけてお話を変えたら飛躍

今日の女の子のクレジット判明ケースですが、女の子としては、もっとひどい産物も見ていますし、何よりも、子供を見ていて、大体わかるのだろうと思っているのがよくわかりますので、ああの一言で終わりみたいになりかけましたが、後日説教を受けみたいだったので、何とかブームを変えました。
深刻なポイントというより、大方わかっていると言いたかったのでしょうね。女の子。
まあ言い訳やるもないなとは思っています。
なんせ、母も借りられないとずっと言っていたように、借りられない仕組が多いは真実なんですよ。
自分の前にダディが、母の名義で結構クレジット作っていて、それからいかにも自分が恥ずかしい人間のように言うわけですし、まあそれはもうどうでもいいのですが、母としては、クレジットはうんざりは前から言っていたので、もう費用なんかどうでも済む、と思っている部分はあるのではないでしょうか。
父といるのは、結構優しい意欲もあるようなのでうれしいです。