ご飯とそれにたかる小物と頭にくる対談などを

さて昼食を食べようというのですが、その前に、ハエが本当にうるさいですね。
人の耳の盲点に、二匹で突進してきたリ、色々なので、辛抱なりません。
頭にくるので、どうしようと思っているのですが、フマキラーをかけて、そのまま、めしを摂る意図にもいかないので、迷っています。
めしそのものは、防腐剤もあって夕暮れ食べるですとか、何かとアイデア出来るのでしょうけれど、手前も書いている通り、年齢から、めしを抜かして生きていられないくらい、食べないと、精神的にもなんも持たなくなってきているので、そこは食べておかないといけないだろうなと思いました。
スポットで、まだ薬はあるのですが、お父さんがあした病舎へ行けについてで、押し隠す事があるのですね。
これは画策が狂ってしまうので、自分で薬はもっていようとしています。
そういう事は何度もやられましたけれど、もうこの声明は苛々して来るだけなので、さっさとめしでも食べようかと思っています。