まるで宅建試験の留年実況、翌年こそは修了試験に受かりたい

自分はかねてから出世をしたいと考えていました。何か運命物品の手並みが欲しいなあと漠然と思って資格取得に関するDBを集めていた要所、宅地施設ビジネス主任パーソンというライセンスを見つけました。自分は家の後継ぎですので、最終的には先祖が記した壌土や家をどうにか処分しなければなりません。こういうライセンスは行く先にきっと役立つだろうと見なし、早速書店でガイドブックを注文。けれども不慣れなルール語彙に悩まされ、訓練が進まず、テストを通しても当然のように不合格になりました。次に目をつけたのが高額な通信教育、こちらはクラスに沿えば合格やれるだろうと申し込んだのですが、添削してもらうために毎度郵便するのが苦悩だとの理由で通りがけ降服しました。ズボラで根っからの飽き性が災いして、元来昨今に至っています。さすがに、そんな自分では駄目だと反省し、来季こそ合格をと改めてガイドブックを買い付け足しました。すると、ライセンス姓名が今までの宅地施設ビジネス主任パーソンから宅地施設ビジネス士に変更されているではありませんか。新たに訓練しなければならない野原もかかるというプラスアルファ付属。しまった、もっと早く本気で取り組んで合格しておけば良かったと悔いしました。他のライセンステストもよくあるケースですよね。ハードルの低い昨年に受験しておけば合格しやすかったのにという話。翌年はずっと難しくなって不合格になる事も多いとか。私も留年やる生徒という今の身分から早く終了狙うだ。今度こそ飽き性から脱出して来年度の合格を目指す了見だ。