まるで宅建試験の留年生命、来季こそは卒業試験に受かりたい

わたしはかねてから転職をしたいと考えていました。何か一生製品のスキルが欲しいなあと漠然と思って資格取得に関する知識を集めていたゾーン、宅地建物売り買い主任方という特典を見つけました。わたしはアパートの次世代ですので、最終的には先祖が記した大地やアパートをどうにか処分しなければなりません。こういう特典はいつかにきっと役立つだろうと憧れ、早速書店でガイドを獲得。けれども不慣れな規則語彙に悩まされ、習得が進まず、チャレンジにあたっても当然のように不合格になりました。次に目をつけたのが高額な通信教育、こちらはプランに沿えば満足もらえるだろうと申し込んだのですが、添削してもらうために各回郵便するのが不便だとの理由で通りがけ停滞しました。ズボラで根っからの飽き性が災いして、結果昨今に至っています。さすがに、こうした自分では駄目だと反省し、翌年こそ満足をと改めてガイドを買い付け足しました。すると、特典ネーミングが今までの宅地建物売り買い主任方から宅地建物売り買い士に変更されているではありませんか。新たに習得しなければならない部門も重なるというプラスアルファ附属。しまった、もっと早く本気で取り組んで満足しておけば良かったと悔いしました。他の特典チャレンジもよくあるクラスですよね。ハードルの低い去年に受験しておけば満足しやすかったのにという話。来年はずっと難しくなって不合格になる事も多いとか。私も留年やる大学生ものの今のステータスから早く終了目指すだ。今度こそ飽き性から脱出して来年度の満足を目指す予定だ。