マミーの好きな者これからもずっと色男好き

夫人は某旦那モデルの大オタクです。今日はそのパフォーマンスがあるそうで、帰りが遅くなるとウキウキで出かけていきました。最近ではボクや次女の妻の査定してしまう。前の妻のほうがコーディネート良かったとか、今回の自身は視線が細いなど失礼な事を言います。夫人は5年頃前に離婚して当社兄妹をがんばって育ててくれたのですが、私たちの手が離れ夫人は自由に趣味に走れるようになり、ハンサムに癒しを覚えたようです。そのせいか、妻を見てハンサムでないときはあからさまにがっかりするので困っている。きっと今日も帰ってきたらまたコンサートの直撃を聞かされるんどうなと思います。特別再婚してくれても良いのに、実際モデル以外では色恋もしていない身なりでオジサンには興味ないと言います。夫人のいずれが色んな意味で心配ですが、イキイキした視線でいつも好きなモデルの発言を熱く語っている夫人は可愛い自身だ。今度は一緒にパフォーマンスをめぐって夫人のはしゃぎ風も見てみようかな。