何かに導かれた?ランサーズとの巡り合い

わたくしには、お小遣いというものがない。自由に使えるお金がない。暮らしの直営は、恋人がやる。決して経済的に余裕があるわけではないので、何か欲しい時折、恋人にお願いをしないといけない。自営業なので、毎月のギャラにギャップもあるし、恋人の思いもあるから、お願いするにも案件をはからないといけない。何かお小遣い財になるようなことはないのかなと漠然とかんがえていた。軽装、読まない節電テクニックなどの書き物がよくある某ポピュラー図書がなぜかどうしても読みたくなり、公開お日様から強敵お日様が過ぎていたのに、次月号まで待つハートには全くならずに、一気に恋人におねだりして、一気に書店に駆けました。その図書の付録には、元手を貯めるやり方のパンフレットついていました。なぜかその付録から読み始めていきました。そして最後のウェブページにランサーズの書き物を見つけたのです。これでわたくしにもお小遣いが勝てることができると、そこからは、トントン拍子にことがすすみ自身専用の端末も買ってもらい、チャンスがあれば端末を触ってある。