元彼女は全ての相性を壊していきました。

しかしなあと、元亭主は全てのネットワークを滅ぼしたので、元々周辺であった人物も、全般関係がなくなって、考えてみると、自分ひとりだけになっていました。
でも、もっと考えると、付き合っていらっしゃる最中も、元亭主は、じぶんはこうだというレジメを、周りに吹聴していたと思います。
だから、知っていて付き合っていたのなら、ほぼ同じようにこちらを攻撃する、質の悪いヤツでもあったのかもしれません。
人物との関係を疎遠にはしたくないですし、仲良くやる人物もいました。
これから、又ネットワークを築いていこうとしてある。
元亭主の猛威は恐ろしく、子の間から付き合っていた某まで、恐らく騙されたのではないかと思います。
なんでそんな事になったのかと、改めて思ったのですが、それには深い意味があるのだろうなと考えています。
実際、意味があるのかないのか、でも生きていて意味がない件って、それ程ないように映るのですね。
元亭主は、本当に全てのネットワークを壊していきました。