切望は都心の素敵な母親!?我が家の小学六年生

小さい頃、ぼくは「マンガ持ち家になりたい」と思っていました。
元来叶わなかったのですが、今も趣味において楽しんでいます。
長女はデザート屋になりたいと言い、これからのプランについて感じる年になりました。
さて、昨今小学六年生の妹。
彼には一貫して適えたい夢がありました。
これは小さい頃から変わりません。
現在も工程見た目ですし、先もその夢に対して考えています。
妹の夢、それは・・・
OLだ!
それはそれは高らかに「ぼくはOLになります!!」とライティングを読み上げていましたよ。
先あだ名は「小学校OL」となりましたが、本人はまんざらでもないごニュアンス。
OL向けの文献を見て、OL向けの服を着、そちららしき生活をして楽しんでいます。
小学校ですが身長も高く、ぼくに似ず右腕が長い妹にはOL風の服装しか似合わない面に気づきました・・・。
客間もOL風なので、「あれ?この子只今いくつですっけ?あれ?」なんてミスすらする。
しかし、こちらには目論見があります。
それは、私のハイスクールからの馴染みだ。
独り立ちしていて素敵なお客間に住み、お洒落な服にアレンジした髪、健在と美容に気を付けていて、通常充実している。
赤ん坊は友人の全てがキラキラしているように見えるのです。
「あんな風になりたい!だから特権をとって短大いって、大都市で独身やる!!」
それはもう弾けんばかりのスマイルでした。
母体としてはケアのし価値があります!
善悪叶えて下さい。が、食べ放題で毎度「小学校だ」と人材に伝えると「・・・え?小学校?え??」などと容疑がられるので、これらの戦略を万全にしたいと思います(笑)