半数眠りながら昔の父親を思い出していました。

まずいまじに眠っていました。
それが、思い出して浴びる問題だったのでsが、トゥレットの強い父だったのですが、自分が幼児のところ、便所で専門を足していたら、いきなり自分の股の上に座って、それから立ち上がって去っていくのです。
分かりますかね。風情としては、LLといった所でしょうか。左手のLが自分で右手のLが父だったのですが、笑顔を食べるには苦しく、それはなんだったのだろうと思っていた幼児のそれぞれだったのですが、それから考え直して、まさかゲイだったのか父と思った事もありましたけれどね。
戯言だ。ありえないですけれど。
笑える事業でしたが、笑顔すぎたり、あんた何やってんのって言ってしまうと、心に傷がつくという事です。
ポイントで、これから暫く食後休憩して、又書こうとしてある。
好き勝手に書くのって楽しいものですね。
面白いので、更に書いていこうとして頑張ろうと思います。
てか、まあ寝よう、眠い時は無理をしない方がいいだ。