太田胃散と共に正座のようなもので、出来事って何でも役に立つな

毛布を下に敷いて正座して入力するのですが、まるで端末を拝んでいるかものの振る舞いになっていて、端末を合唱礼拝しているのかというくらいな感じです。
は単なるネタですが、正座クセって抜けませんね。
何故か、それは分かりませんけど、昔から正座は良くしていて、結構持つのですけれど、調和のアートをやるようになって、正座する機会が増えてきた場合、これが活かされたという事が多かったのを覚えていますね。
なんも、単なるクセが、ちょっとした地点で活かされると、本当にやっていて無駄口なんて、何もないのだなとおもう事があります。
それって特技ですと考えると、パーソン出力がない個人なんて、一人もいないのだなとおもう事が多いですね。
親が昼ご飯を食べているようですが、あたいは昼寝前にでも食べようかと思っています。その前に昼間なのに太田胃散を呑むかもしれないと思ってきました。ちょっとプレッシャーなのか自律怒りなのか分かりませんけれど。