愛情があった現代、よく端末でタイピングを通じていました

ゆかりはありませんが、ミスタイピングを潰す事が、実はタイピング調子を引き上げる手法ですと、改めて感じています。
ゆっくりでも、誤りがないように、敢然と打って出向くのが一番良いと思えます。
そのために、ある程度入力していると、まるでPCとツボが一体化するように思えるのも理解してもらえるのではないかと思っています。
昔のPC部で、本当にタイピングを通じていたのを覚えています。
今のようにアプリケーションやら、整っていなかった時代に、ひたすらタイピングを通じていましたが、そういった娯楽があったわけでもなくて、雑誌を書いていたのですね。
それで考えながら、入力していって、作品が出来たステージって嬉しかったですね。
雑誌って、当時好きだったフィクションものを自分で考えて作っていたのですが、PCには疎かったのですが、書いていて楽しかったというダイアリーはあります。
因みに一太郎で書いていました。
あの時折愛情があったと思いますね。