退屈だからユーチューブで騒がれていらっしゃるピコ太郎について調べた

今日は余暇だったので、PCでwebを通じていました。するととある人が気になり調べてみました。ピコ太郎というヤツが2016時10月頃から注目されています。ピコ太郎というタイトルから、このごろ多い一括屋俳優の類なのかと思いましたが、どうも役者のようですね。iTunesで彼氏の曲がダウンロード販売されています。アマゾンも販売されているようですね。そうか役者で曲を販売しているのならば、ユーチューブで彼氏の曲がおそらく聞き取れる筈。ということでユーチューブでピコ太郎の曲を検索すると、直ちに出てきました。ここで驚いたのは曲よりも、その回復回数。6千回を超えている!こりゃ俳優なんかじゃなくて、すごい音楽家かなんかじゃないかと思われます。早速、曲を聴いてみます。え?なんだこれは?1取り分ぐらいで締めくくる一括お話ものの曲だ。曲名は「ペンパイナッポーアッポーペン」という訳のわからない題名で、丁寧にEnglishも説明してあるから余計に考えが分かりません…。パンチパーマっぽい髪型と色眼鏡、そして長い顎(アゴ)のほうが気になります。なんでもジャスティン・ビーバーがツイッターで好きな画像だと、つぶやいたところから、騒ぎになり異常な回復回数になっているようですね。ユーチューブの言明欄では外人がいろいろ騒いでいる。Englishやロシア語まで出てきて、何言っているのか分かりません。さらに日本語の言明も出てきてかなりカオスな状態です。とりあえず、日本語の言明を見てみると「何が面白いのか思い付か。」「流行らない」という内容。私も今の部位そう思います。しかし、こういう体感どこかに似ているものがあるなぁとしていたら、psy(サイ)のカンナムスタイルという曲がありましたね。あのときの騒ぎに似ています。あの時も海外で騒がれて日本ではよく分からないという具合でした。こういうライティング書いているのが2016時10月の終わりなので、まだこれからどうなるのか分かりません。騒ぎ出してまだ毎月も経っていないですから、ウィキペディアにもまだ出てきていません。これからの伸長を見ていきましょう。海外だけの騒ぎで終わりそうな体感もしますが。とりあえずは今日は有意義かもしれないwebライフでした。